ファッションデザイナー
ファッションデザイナー

ファッションデザイナーに挑戦!マイブランドを作ろう。

ファッションデザイナーに挑戦!

マイブランドを作ろう。

私たちが毎日着る「服」。
着心地の良さや素敵な見た目を追求する「ファッションデザイナー」という仕事は、それだけ人々の暮らしを日々支えているということ。

普段からおしゃれが大好きな子、自分の世界観を表現したブランドを作ってみたい子におすすめの自由研究です!

研究の具体例

サマードレスを作ろう!

おしゃれが大好きなAさんは、この夏プールや旅行で着られるような、サマードレスを作ることにしました。
デザインを考える時が、一番ワクワクする瞬間!
自分の好きな要素を詰め込みながらも、暑い夏を乗り切れるような涼しげなデザインを工夫するのがポイントです。

お気に入りの布地やボタンを買い出ししたら、いざ縫製。
初めて使うミシンは難しかったけれど、お母さんに手伝ってもらいながら完成!
自慢の一着を身に着けて、撮った写真とあわせて、自由研究になりました。

研究のすすめ方

  1. 作りたい洋服のデザインを考えよう

    作りたい服は誰が着るもの?
    どんなシーンや季節で着るのかな?
    服が一番輝く瞬間を想像しながら、デザイン画を描いてみましょう。

    第一ステップでは、イメージをふくらませるのを優先して、第二ステップで初めて、正確な寸法やパターンを決めていくのがおすすめです。
    身近な洋服を参考にしてもいいですし、洋裁書を購入して勉強してもいいでしょう。

  2. 縫製しよう

    デザインが決まったら、材料を調達して縫製開始!
    ミシンを使うとより本格的ですが、手縫いをしたり、素材によっては糊やボンドなどを使っても大丈夫です。

    縫製すると、デザインの抜け穴が見つかることも。
    上から着ようと思っていたワンピース、意外と生地が伸びなくて身体が入らないなんてことはありませんか?
    そんな時は焦らずに、ジップをつけてみたり、襟ぐりを大きくしてみたりと工夫しましょう。

    裁ちばさみやミシンを使うときは、手元に気を配ってくれぐれも安全に!

  3. 完成した洋服を撮影しよう

    ようやく完成した自慢の服、せっかくなので、着用して写真におさめましょう。
    自分で着る場合は、着心地やデザインへの評価を書き出してみるのもおすすめです。デザイン画、制作中の写真や映像、実物と写真付き感想文などが揃ったら、学校へ提出!

楽しむコツ

市販の洋服のような完璧なものを作るよりも、「自分のイメージを表現すること」に集中しましょう。
少しサイズが合わなかったり、縫製がうまくいかなかったとしても、そこに理想の世界観があれば、まずは合格!

デザインから縫製まで、一連の作業にはまった子は、次は「コレクション」に挑戦して、1つのテーマの中で複数の服をデザインしてみてもいいでしょう。

まとめてみよう

自由研究のテーマは決まりましたか?自由研究のテーマが決まったならゴールはもうすぐ!
自由研究が終わったら、研究結果をわかりやすくまとめてみましょう!
まとめ方がわからない時はポイントを参考にしてみてください。

自由研究のまとめ方
自由研究のまとめ方


イベント開催教室はこちら
自由研究のまとめ方